fiddleryoujoe.png
line.png

fleaves.png

b_home.jpgb_home.jpgb_calender.jpgb_calender.jpgb_schedule.jpgb_schedule.jpgb_youjoe.jpgb_youjoe.jpgb_music.jpgb_music.jpgb_gakudan.jpgb_gakudan.jpgb_lesson.jpgb_lesson.jpgother_lesson_gw.jpgother_lesson_gw.jpgb_fest.jpgb_fest.jpgb_email.jpgb_email.jpgrequest_w.jpgrequest_w.jpg
greenline_histo.jpg

a_face.pnga_twitter.pnga_insta.pnga_youtube.pnga_tune.png


HOME > HISTORY

1971 「徳川家康」生誕の地、愛知県岡崎市。

ごくごく普通の会社員の両親の家庭に生まれる。両親は市民合唱団で知り合った。
実家は四方八方山に囲まれたド田舎。勝手口を出れば「わらび」、「つくし」、「栗の木」、「柿の木」、「野イチゴ」、「アケビ」・・・時々出るのは「イノシシ」、「野猿」、「たぬき」、「野うさぎ」・・・同級生は保育園から中学校まで同じ顔ぶれであった。クラス人数はずっと33人!遊びはもっぱら山で「探検ごっこ」、「落葉スキー」・・・^^

1973 父親の勧めでヴァイオリンを始める。

父親はフォークミュージック、特に「さだまさし」(グレープ)の曲をよく歌っていた。家でよく掛かっていたレコードは、「ビートルズ」、「ABBA」、「Bee Gees」、「松山千春」、「伊勢正三」、「因幡晃」、「イルカ」、「かぐや姫」、「紙ふうせん」、「トワ・エ・モア」、「「ガロ」、「ポールモーリア」、「ベートーベン」などなど。「帰って来たヨッパライ」(フォーククルセイダース)を聴いてケタケタ笑っていたのを覚えている^^
ヴァイオリンのレッスンは嫌々^^;他の生徒さんのお母さんの化粧の匂いがキツかったのを覚えている(T T)
毎週土曜日の夕方のレッスン、早く終えてナゴヤ球場に行きたくてたまらなかった。
鈴木の教本で後に9巻まで終える(全10巻)

1979 TBS系列のテレビ番組、「家族そろって歌合戦」(全国放送)に

父親と従妹と三人で出演。さるさんチームとして予選1位突破。決勝では全国優勝(TV全国放映)する。 
司会は漫才師の「獅子てんや・瀬戸わんや」。ちなみにゲストは「石川さゆり」だった。ちなみに優勝賞品は当時は高価な「VHSビデオデッキ」。賞金はあったらしいが・・・
この頃、急な病気で2カ月入院絶対安静。翌年手術。翌々年崖から滑落複雑骨折。とにかく世話の焼ける子供だった。らしい・・・

1981 空手、ソフトボールなどに明け暮れていたこの頃、

友達に内緒で地元岡崎市のポップスオーケストラに入団。後に弦楽クラシックアンサンブル入団。
中学校になり、ようやく隣の学区と合併。大きな学校に通い始める。中学の時は芸術系というより体育会系であった。陸上短距離は全国大会レベル。しかし所属はテニス部であった。短距離100mは12秒00ジャスト、マラソン大会はいつも2位だった。生まれて初めて後輩の女の子に告白されたのはこの頃・・・(*^o^*)
友達とふざけて廊下で転倒・・・頭部から大量の流血・・・(T T)・・・骨膜が見えてたらしい^^;
学校に救急車が来たのは僕が初めて^^;

1988 ヴァイオリンを完全に辞め、

バンドブームに則り、ロックドラムスを始める。ちょうど「イカ天(イカすバンド天国)」TV番組がブームの頃。ちなみに司会は三宅裕二と相原勇。寝ても覚めてもドラムドラム!!メチャクチャ楽しかった。まさにドラ息子。すぐにメンバーを集めライブをしていた。名古屋、岡崎、豊田などが活動の拠点だった。
この頃、生まれて初めてのヨーロッパ。現地に住む叔父家族に会いに海外(ドイツ、デンマーク、スウェーデン、ロンドン)を訪れる。

1989 京都の大学で英米文学を学び、名古屋の専門学校で英語を勉強する。

しかし、勉強そっちのけでアルバイトの日本料理に没頭していた。早朝の市場の買い付けから仕込み、閉店後の片付けまでずっと飲食店で過ごした。料理の嫌いだった僕に植えつけられたきっかけは、カッコイイ板前さんだった。
その頃、オリジナルロックバンドのメンバーとして、各地ライブハウス、イベント、コンテストなどに数多く出演。かなり評価の高いロックバンドであった。同期で覚えているのは、当時大人気のバンド「たま」、「フラワーカンパニーズ」、「E-ZEE Band」とタイバンだった事もあった。(なぜ「タマ」!?)
University of Hawaii(ハワイ大学)留学先での生活でも日常の生きた音楽を感じる。

1993 大学を卒業し上京。

インテリア企画提案の上場企業に入社。サラリーマンとなる。ちょうど「Jリーグ」が開幕した頃だった。当時の僕の担当は、「Jリーグ・オフィシャル・バー」、「アニエスB」、「サザビース」、「ファミリーレストラン」など。さすが東京、仕事はとてもやりがいがあり楽しかった。
上京した後直ぐにバンド結成。雑誌「スウィングジャーナル」、「ジャズライフ」に加入希望とメンバー募集を投稿したらナント!50件以上もの連絡があった!!
ドラマー “神保彰” 、 “村上 ポンタ 秀一”、“デニス・チェンバース” などに影響を受け、ジャズ、フュージョンバンドのメンバーとして主に新宿、池袋、渋谷、荻窪のライブハウスに多数出演していた。
今となっては時効だが、移動手段としてのドラムセットを積んだ車は、当時勤めていた会社のロゴ入り営業車あったm(_ _)m

1996 愛知県に戻る。

学生時代に基礎を勉強した料理の世界に入る。元々は料理人になりたかった。フレンチの師匠と出会い、後にシェフとなる。この頃ヴァイオリンを再開し、ヴァイオリン弾きのシェフと評判だった事もあり、グルメ番組にはよく取り上げられた。お祝い事のお客様に何か僕にできることはと考え、ドラムは賑やか過ぎる・・・・あっ!バイオリン!!ヘタクソなバースデーを演奏^^;
でも、涙を流して喜んでくれた。あっ!これだ!!!!

1998 旅行好きであり、

韓国、フィジー、台湾、ニュージランドなど、お金を貯めては旅をしていた。
料理の勉強も兼ね、何度か訪れたヨーロッパ(パリ、コペンハーゲン、ロンドン、ハンブルグなど)では、パブ、シャンソニエ、ストリート、マルシェ、駅構内などなど現地のミュージシャンとセッションライブを楽しんだ。本場のジャンルを問わないエンターテイメントを体験。
この頃アイリッシュ、ジプシーに出会う。特にこの頃から本格的にアイリッシュ、ジプシー、クラシック、ジャズスタンダードなどを勉強し始める。

2001 この年、とてもとても大きな事故に合う。

人身事故だった。忘れられない、忘れてはいけない・・・それから・・・連続して・・・・
自分ではまるで空白のようなこの時期。。。




料理の世界を離れ、演奏家としてデビュー。地元愛知を中心に本格的に演奏活動を始める。
父親と大喧嘩!中学生の時に父親に買ってもらったバイオリンは父親に返してしまい。売られてしまった^^;

この頃はまだ、生活のためと新しいバイオリン購入の為のアルバイトは欠かせなかった。
レストラン、テレアポ、土方作業員、パチンコ清掃員、梱包会社などなど、、、この歳になると採用年齢枠が厳しかったが、採用された所ではとにかく頑張った!バイオリンの練習も含めると睡眠時間は平均2時間弱^^;
初めて自分で買ったバイオリン・・・なんと10万円^^;・・・「これじゃあ仕事にならない」とイベント会社に指摘を受けた^^:もっとアルバイト頑張らねば!!・・・と言っている間に演奏の仕事が増えてきた^^
ローンを組み、新しいチェコのバイオリンを手に入れた!50万円だった。金額的には思い切ったが、音的には妥協^^;
周囲のバイオリニストは、300万・・・500万・・・1000万・・・2000万・・・・・・トホホ・・・^^;

この頃初めてクラッシックのリサイタル出演。ほとんどの曲はクライスラー!

2003 初めて遠方での仕事が入ってきた!

しかも1週間位泊まり込み^^リゾートでの仕事だった!衣裳は、短パンに白タイツ。白シャツにベスト、それから帽子。まるでジプシー!
イベント会社の社長からひとこと、、、「あそこに走ってる馬車に乗って演奏してきて~!」「喜んで~!!」・・・しかし、シーズンは夏休み。馬車に乗ったお客さんからのリクエストは、、、「冬のソナタ」と「ドラえもん」・・・^^;

2004 楽しいピアニストと運命的に出会い、

ヴァイオリンとピアノのノンジャンルユニット「Spiel(シュピール)」結成。アイリッシュ、ポップス、クラシック中心にアレンジし、共にパーカッションもこなす面白く楽しいユニット。
忘れもしない・・・この頃、プロフィールに音大、芸大の経歴が無いだけで、契約後に断られた^^;

2005 「シュピール」とその仲間たちで、

名古屋港イタリア村にレギュラー出演。夜は名古屋駅近くの「アイリッシュパブ」に出演。この頃、ファーストアルバム「シュピール」発売。なんと1年で1500枚売れた^^この頃から、関東、関西での仕事も増えてきた^^

2006 当時、豆腐屋さんみたいな軽ワゴン車に乗っていた凄腕ピアニスト、

作曲家と運命的に出会う。元々東京でバリバリやっていたミュージシャンだ!
「悠情ケーリーバンド」結成。アイリッシュ、ジプシー、ジャズ、オリジナル曲を含めた独自のアレンジで活動を始める。自身のバンド活動と合わせて、様々なジャンルのアーティスト、タレントなどのコラボレーション、サポート、を務め始める。
楽器を新調!^^チェコの楽器は想い出があったけど下取りに・・・(ToT)まだローンが残ってる・・・^^;

2007 「悠情ケーリーバンド」(現:悠情楽団)

ファーストアルバム「Yell Yell Peat(エールエールピート)」発売。

2009 ライブアルバム、DVD「Love & Rose(ラブ&ローズ)」発売。

ミニアルバム「Shamrock Valentinusu(シャムロック・ヴァレンティヌス)」発売。

2010 コペンハーゲン(デンマーク)、ダブリン(アイルランド)

でのライブを敢行。大成功を収める。もちろん空いた時間はストリートライブ!

2011 バンド名を「悠情楽団」に改名。

何故かというと・・・アイリッシュマニアからのクレーム^^;ライブアルバム「Phantom of the Fiddler(ファントム、オブ・ザ・フィドラー)」発売。

2012 アルバム「Hygge with Fiddle/GREEN HILLS Party」発売。

2014 第一回フィドラーズフェス開催

2015 アルバム「Aura,venias/そよ風よ来ておくれ」発売。
2015 第二回フィドラーズフェス開催
2015 名古屋ブルーノート初出演。
2015 西尾市民映画「オシニ」楽曲提供。

2016 第三回フィドラーズフェス開催
2016 悠情楽団結成10周年記念アルバム「Tusind tak/ドエライアリガトウ」発売。
2016 名古屋ブルーノートにて発売記念ライブ。